xenoBrain

ニュースから企業の未来を読み解く

  • ニュース同士の相関性を分析し、企業業績を予測する
  • 直近10年分以上、10万本以上のニュースデータを元に分析

xenoBrain
2つの特徴

  • ニュース同士の相関性を分析し、企業業績を予測する

    xenoBrainは過去のニュースデータの解析結果を元に、ある事象が発生した際にその前後でどのような事象が発生し、それによって企業の業績がどのような影響を受けるかを分析・予測するサービスです。この分析結果を用いることで、これまではプロフェッショナルが長時間の分析を行っても部分的にしか把握できなかったファンダメンタルズの変化の予兆を瞬時に把握でき、迅速に次の行動を起こすことが可能となります。xenoBrainは以下の機能を持っています。
    - リアルタイムニュース分析
    膨大なニュース分析をすることなく、注目企業の影響を瞬時に把握可能に。毎日300本以上配信されるDow Jones社のグローバルニュース(日本語)について、個別企業の業績に影響を及ぼすインパクトを予測し、理由と共に視覚的にわかりやすい形で提供します。また、登録企業について、リアルタイムのメール通知を行うことが可能です。
    - 企業ニュース分析
    個別銘柄の予兆を含めた影響のあるニュースを網羅的に把握可能に。国内上場企業3,500社以上について、個別銘柄の分析時に直近10年分の予兆も含めた企業ニュースを閲覧可能。個別企業名の含まれるニュースだけではなく、インパクトがありうるニュースを効率的に把握することが可能になります。
    - 利益影響要因分析
    企業の利益影響要因分析時にその影響要因も含めて瞬時に把握可能に。
    有報や決算短信の分析結果から抽出した企業の利益影響要因をビジュアルライズするだけではなく、さらにその事象の影響要因も含めた分析結果を個別銘柄ごとに提供。企業の利益影響要因分析時に手間なく影響要因を把握することが可能になります。

  • 直近10年分以上、10万本以上のニュースデータを元に分析

    xenoBrainの分析のベースとなるデータは、Dow Jones 社が配信している経済ニュースの直近10年分、延べ10万本分以上。世界経済のの第一線で活躍するビジネスパーソンも信頼を置くこれらのニュースを膨大な量解析することで得られる、これまで実現し得なかったレベルの深い知見をお届けします。

xenoBrainの
ユースケース

  • ファンドマネージャー

    課題

    ニュースを常時見て、今後ポートフォリオにどう影響してくるかを考え続けることの負担が大きい

    ソリューション

    xenoBrainは過去10年分以上のニュースデータから、あるニュースが出た際にその後各銘柄にどのような影響がでる可能性があるかを瞬時に解析、可視化します。それによって、ご自身の運用されている銘柄への影響がわかることはもちろん、運用対象外の銘柄に対しての影響も見ることができ、より多くの予兆により早い時間で到達することができます。

  • 証券会社営業担当

    課題

    特に大きなニュースが出た際に、クライアントから個別銘柄への影響の問い合わせがくるが、自社アナリストのカバー外のものだとうまく答えることができないことがある

    ソリューション

    xenoBrainは過去10年分以上のニュースデータを元にしており、大きなニュースが出た際には過去の似たニュースの分析結果から、影響の出うる銘柄を瞬時に提示します。また、そこに到るまでにどのような影響要因の連鎖があるかも可視化するので、たとえカバー外の銘柄についての問い合わせを受けた場合でも、論理的に回答することが可能です。

  • 大企業向け営業担当

    課題

    顧客に対して競合他社と差別化された提案を行うことが難しい

    ソリューション

    xenoBrainは、より早い段階でニュースとニュース、あるいはニュースと企業業績との関係性にアクセスすることを可能とするため、顧客理解を深めるための顧客の周囲環境の理解をより深めることが簡単にできるようになり、より深いレベルで顧客ニーズを汲み取った提案を行うことができます。また提案時にxenoBrainによってビジュアライズされた情報を提示しながら話すことで、顧客による理解を深めることができます。これらにより総合的にコミュニケーションの質を上げ、他社よりワンランク上の提案を行うことが可能となります。