ゼノデータ・ラボ、ニュース解析で将来予測するAI「xenoBrain」のクローズド・リリース版を配信開始

2018.11.06

サービスリリースプレスリリース

自然言語処理技術によりニュースを解析し、上場企業の将来利益を予測するWebサービス「xenoBrain」を一部顧客向けに先行リリースいたしました。

金融情報分析AI開発の株式会社xenodata lab.(本社:東京都渋谷区、代表取締役:関洋二郎) は、ニュース解析による将来予測AIサービス「xenoBrain」をリリースいたしましたのでお知らせいたします。
今回のリリースはクローズド・リリース版であり、一部顧客にのみ「xenoBrain」を先行的にご利用いただくものでございます。
本サービスご利用にご関心のある方は本リリース末尾の宛先までご連絡ください。

■xenoBrainについて

xenoBrainは、ゼノデータ・ラボの保有する自然言語処理技術を、ダウ・ジョーンズ社のグローバルニュース、決算短信・有価証券報告書等に含まれる自然言語情報に応用することで、今までに無い全く新しいロジックで企業の利益予測を提供するSaaS型Webサービスです。また、xenoBrainでは、昨年リリースした弊社独自エンジンによる決算自動分析レポート(xenoFlash、xenoStory)もご利用になれます。

xenoBrainは以下のように国内上場企業の分析において様々なシーンでご活用いただけます。

<審査担当者のリスク管理強化>

審査時に、企業の潜在的リスクを網羅的に洗い出すシーンでご利用になれます。xenoBrainは各企業ごとに、その企業に影響しうるニュースを、顕在化前の予兆の段階で提供します。その結果、他のサービスの企業ニュースでは取得できない潜在リスクを洗い出すことが可能です。

<大企業営業担当者の現場力強化>

上場企業を中心とした営業担当者が、普段の顧客とのコミュニケーションでご利用になれます。xenoBrainの提供する、個々のニュースの分析結果から、顧客とのリレーション構築に向けた会話で他社にはない材料を提供。現場力の強化につなげることが可能です。

<経営管理部門の分析強化>

経営管理部門の自社及び他社の分析時に、業界を取り巻く環境を理解するシーンでご利用になれます。xenoBrainは自社及び競合他社又はその業界を代表する企業がどのような環境にいるかを、増減益予兆を示すニュースを提供することで効率的に分析します。

<日本株投資担当者の分析・ポートフォリオ管理強化>

日々のポートフォリオ管理や分析時に、投資先/担当銘柄に将来影響を及ぼす可能性のあるニュースをEメールにてアラートを受け取れます。また、ホットなニュースからカバー範囲内外の銘柄に具体的にどのような影響があるか、経済事象の連鎖を可視化する事で分析力の強化につなげることも可能です。
 

詳細は以下のLinkをご参照ください。
https://www.xenodata-lab.com/service/xenobrain
 

■ゼノデータ・ラボについて

より多くの企業で、より早く、より安く提供することをミッションに創業し、創業以来公認会計士や証券アナリストが行う企業・財務分析の自動化を目指し独自技術による企業・財務分析AIの開発をしてきました。

2016年3月には、第一回MUFG Fintechアクセラレータプログラムに採択され、5か月間のプログラム後に実施される8月5日のデモデイではグランプリを受賞しました。

2017年には、DBJキャピタル、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社帝国データバンクをはじめ計9社の金融機関等と資本提携を実施しました。

会社名:株式会社 xenodata lab.
所在地:〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 渋谷クロスロードビル5階
設立年月日:2016 年 2 月 12 日
代表者:代表取締役 関 洋二郎
資本金:3 億 2000 万円
URL:https://www.xenodata-lab.com/

 

<本リリースに関するお問い合わせ>

株式会社 xenodata lab. 事業開発チーム
Email:bizdev@xenodata-lab.com