ゼノデータ・ラボ、事業拡大に伴い渋谷にオフィスを移転

2018.09.11

プレスリリース

金融情報分析を行う人工知能を開発する株式会社 xenodata lab.(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:関洋二郎)は、この度、IT分野における技術拠点として成長を遂げつつある街、渋谷に移転いたしましたのでお知らせいたします。

■新オフィス概要
移転日:2018年9月11日
住所:〒150-0046
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 渋谷クロスロードビル5F

今回のオフィス移転は、株式会社ツクルバ(本社所在地:東京都目黒区 代表取締役:村上浩輝・中村真広、以下「ツクルバ」)の新規事業、スタートアップ向けオフィス提供サービス『HEYSHA(ヘイシャ)」入居者第1号として採択されたことにより実現いたしました。
『HEYSHA』は、成長速度が速いことから中規模のオフィスを1年程度の短期で利用したいスタートアップの課題を解決する革新的なサービスであり、ゼノデータ・ラボでは、ツクルバ社とのご縁から、入居者第1号としてこの取り組みに参加させて頂く運びとなりました。
新オフィスのもと、弊社事業を加速させるべく、より一層邁進してまいります。

<株式会社xenodata lab.について>
株式会社xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)は、2016年2月に創業し、企業・財務分析情報を、より多くの企業で、より早く、より安く提供することをミッションに創業し、創業以来公認会計士や証券アナリストが行う企業・財務分析の自動化を目指し独自技術による企業・財務分析AIの開発をしてきました。
2016年3月には、第一回MUFG Fintechアクセラレータプログラムに採択され、5か月間のプログラム後に実施される8月5日のデモデイではグランプリを受賞しました。
2017年には、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社帝国データバンク、DBJキャピタルをはじめ計9社の金融機関等と資本提携を実施しました。

<株式会社ツクルバについて>
実空間と情報空間を横断した場づくりを実践する、場の発明カンパニー。
テクノロジー企業成長率ランキング「2017年 日本テクノロジー Fast50」で日本22位を受賞。
社名 : 株式会社ツクルバ(英文社名:tsukuruba inc.)
設立 : 2011年8月
所在地 : 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-1-5 第二育良ビル 2F
代表者 : 代表取締役CEO 村上浩輝 / 代表取締役CCO 中村真広
事業内容:
・リノベーション住宅に特化した流通プラットフォーム「カウカモ(cowcamo)」事業
・シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」「HEYSHA(ヘイシャ)」事業
・空間デザイン・プロデュースに関する調査分析・企画・設計デザイン・監理業務
・不動産に関するプロパティマネジメント・賃貸 売買仲介・開発・再生プロデュース