ニュースから市場変化を予測するSaaS型AIサービス「ゼノブレイン」新機能 国内初、10,000の経済トピックをリアルタイムで解析予測する「トピック分析」実装~業界需要や原材料価格の変動など、経済トピック単位で将来影響を及ぼすニュースを閲覧可能~

2019.09.30

プレスリリース新機能・機能改善

株式会社xenodata lab.(本社:東京都渋谷区、代表取締役:関洋二郎)が開発・提供する、ニュース解析で将来を予測するSaaS型AIサービス「xenoBrain」(以下「ゼノブレイン」)は、本日、経済トピックにフォーカスして将来予測を閲覧可能な新機能「トピック分析」をリリースいたしました。

■新機能「トピック分析」について

今までxenoBrainでは、企業の業績に関する予測機能を提供しておりましたが、今回新たに業界需要や原材料価格の変動などに着目して閲覧できる機能をリリースいたしました。
<トピック分析機能のPoint>
・ 「アルミ価格」や「住宅建設需要」など、原材料価格や業界需要といった経済トピックごとの専用ページにて、将来動向の予測を表示
・ 経済トピックごとに関連ニュースを閲覧可能
・ 2019年9月時点で分析された経済トピックは約10,000件、今後もニュースの解析により自動追加予定

■新機能「トピック分析」画面

① 業界ごとの注目トピックを一覧表示しており、予測を閲覧したいトピックを選択します
② 閲覧したいトピックが一覧に出ていない場合は、「自動車 価格」などフリーワードで検索できます

③ 選択した経済トピック専用の分析ページです
④ 経済トピックに与える将来の影響の予測が確認できます
⑤ 経済トピックに将来影響を及ぼすと考えられる直近のニュースが一覧表示されます

■分析を表示している経済トピックの一例

以下の例の他、約10,000の経済トピックについて個別に分析ページをご用意しております。

■主な利用シーン

ビジネス戦略における高度な意思決定をサポートします。
① メーカーや商社などの購買部門
日々のニュースから、調達資材の需要や価格への影響予測をリアルタイムで確認する事が可能になり、調達タイミングなどの高度な意思決定をサポートします。特に今まで分析に時間を割く事が出来ないようなマイナーな資材に関しても広く分析結果をご覧いただけるため、情報の取り逃しが起こり辛くなります。
② 経営企画部
「自動車需要」など自社の事業に関連のある経済トピックをウォッチする事で、将来の事業環境の変化の予兆を素早く把握する事が可能です。xenoBrainは業界専門誌も多く取り込んでいるため、細かい業界ニュースについても動向を把握・予測情報を確認できます。

■今後について

今後ユーザーのフィードバックを受けながら、ダッシュボード機能やウォッチリストなど、随時機能を追加していく予定です。

■ゼノデータ・ラボの将来予測サービス「xenoBrain」概要

AIが経済ニュースや決算情報を自然言語処理技術で解析し、経済事象と経済事象の間の関連性を読み解く事で経済・企業の将来予測をリアルタイムで提供するSaaS型AIサービスです。今日起きたニュースから、次に起こる経済事象、将来的に影響を受ける企業をAIが瞬時に予測することで、金融機関の業務効率化、事業会社の経営意思決定のサポートを実現します。
・提供開始(正式版):2019年6月
・URL; https://xenobrain.xenodata-lab.com/

■ゼノデータ・ラボの会社概要

会社名:株式会社xenodata lab.
所在地:〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 渋谷クロスロードビル5階
設立年月日:2016 年 2 月 12 日
代表者:代表取締役 関 洋二郎
資本金(準備金含む):7億6,000万円
https://www.xenodata-lab.com/

■本リリースに関するお問い合わせ

株式会社xenodata lab.
広報:北口 万里子
Email:pr@xenodata-lab.com